wakumo

1.働きたい時に働ける

wakumo(ワクモ)は求人マッチングアプリで、好きな時間に好きなだけ働ける特徴があります。
通常バイトなどはシフト提出があり、予定など調整する必要があるため気軽に働くことが難しいです。
wakumo(ワクモ)ではたったの「3タップ」でお仕事を探すことができ、また仕事にノルマがないため、お金が欲しい時にすぐに働くことができます。
隙間時間や空いた時間を有効活用したい人にはぴったりのアプリでしょう。
2.履歴書などの準備が必要ない

wakumo(ワクモ)は個人情報を登録して、プロフィールを完成させたその時点から働くことができる手軽さが魅力です。
履歴書の準備や面接など、働く前の面倒な作業がないので、思い立ったらすぐに働くことができます。
直近でお金が必要な人など、早さ重視で仕事を探している人にもおすすめとなっています。
3.その場で給与がもらえる仕事もある

マッチングアプリで働ける職場では、基本的に給与口座に振り込まれることが多いです。
日給制でも振り込まれるのは翌日の場合が多く、結局お金をもらうまで合計2日かかるのが普通です。
しかしwakumo(ワクモ)では、働いたその日に給与が渡される職場があるので、最短1日で給与を得ることができます。
全ての求人が日給ではないので仕事を探す必要がありますが、その日に給与が必要な人は登録だけでもしておくと便利だと思います。
メリット    
登録・利用が簡単
面倒な準備を必要としない
あなたの都合に合わせて仕事ができる
デメリット    
求人数が少ない
採用されないこともある
通知頻度が多い
▶︎横にスクロールできます▶︎
アプリリリースから3か月で約10,000ユーザーと多くの方に利用されているので、自分とは合わなかったという方もいらっしゃるでしょう。wakumo(ワクモ)の悪い評判はそんな方達からの意見でした。
お急ぎの方のために、まずwakumo(ワクモ)の調査結果をまとめました。
記事の後半には悪い評判も含めた実際に利用した方々からの口コミやwakumo(ワクモ)のメリット・デメリット、特徴などの解説をいたします。
この記事を最後まで読めば、wakumo(ワクモ)に登録すべきかどうかをご自身で判断できるようになります。
ぶっちゃけ話wakumo(ワクモ)は比較的新しいサービスなため、求人数が少ない傾向にあります。そのため、wakumo(ワクモ)以外の求人アプリやサービスも併用することをおすすめします。複数の求人アプリを利用することで、数多くの求人からあなたに適した仕事が探せるでしょう。