タウンワーク

「バイトするならタウンワーク」というフレーズが印象的なアルバイト求人サイトのタウンワーク
掲載されいる求人数の多さから一般的なアルバイトや「人気芸能人の1日限定マネージャー」「人気声優の舞台挨拶をサポート」といった、激レアバイトまでお仕事の種類は豊富にあります。

タウンワークは知ってるけど使ったことが一度もないという方のために、タウンワークの評判や口コミ、特徴やメリットなどをまとめてみました。

認知度が高く信頼できるサイト

タウンワークといえば、元は無料で配布されるフリーペーパーが有名ですが、今ではテレビCMも放送されているので若い世代の方にも認知されるようなってきています。

インターネットでアルバイトを探す事がなかった世代の方は、タウンワークの求人誌でお仕事を探す人が多かったのではないでしょうか。

今ではWEBで探す方が一般的ですが、それでもコンビニやスーパーなどに行くと無料でタウンワーク求人誌が貰えるので、一度くらいは誰もが見たことがあると思います。

アルバイトの求人サイトとしての歴史も古く、幅広い年齢層に利用者が多いことから全世代でのブランドの認知度もNO.1です。リクルートグループが運営するサイトなので安心感もありますね。

圧倒的求人数の多さ!

アルバイトの求人サイトで何が大切かというと、まずは「求人の多さ」ではないでしょうか。

いかに検索機能やコンテツが充実していても、肝心の求人がなければ話になりません。

それでいくと、タウンワーク最大の特徴と言っても良い求人数の多さは業界トップクラス。

以下、2017年8月の時点でのアルバイト求人サイトの掲載件数

タウンワーク    759,658件
バイトル    457,305件
ジョブセンス    179,433件
an    164,079件
マイナビバイト    128,760件
フロムエーナビ    197,104件
他の大手求人サイトと見比べてみても、その違いは一目瞭然。口コミでも仕事の種類や情報量の多さから、「希望するバイトを見つけられた」という人はたくさんいました。

地方の求人にも強い

求人数が多いということは当然、希望するアルバイト先が見つかる可能性が高くなるということです。

そして、お仕事が集中している関東圏だけではなく、その他の地域でも他の大手求人サイトに比べると求人数は多いので、今までに自分が住んでる地域で気に入った仕事が見つけられなかった人でも、試しに利用してみたらたくさん見つけられたという口コミもありました。

タウンワークでは毎日朝7時に最新の情報が更新されるので、鮮度の高いお仕事も見つけられます。アルバイトだけでなく、パートや正社員など様々な雇用形態にも対応しているので、一度試しに利用してみるといいかもしれませんね。

シンプルな検索機能

悪く言ってしまえば、他の求人サイトに比べて検索機能は若干劣るものの、サイトの作りがシンプルなので初めて利用する人でも「使いやすくて簡単」という声が多数ありました。

エリアや職種から探せるのは勿論のこと、駅名や路線からバイトを探せるので通勤・通学に使う線路沿いでのバイト探しもできますし、「ぴったり!条件検索」では、さらに細かく条件が指定できるので「WワークOKで髭・ネイル・ピアスOKの求人」や「週2、3日からOKで昼からの仕事」など、自分にピッタリのバイトが見つけられます。


また、時給1,100以上の求人や日給10,000以上・月給25万円以上など、金額面から仕事を探すことも出来て、学生さんやフリーターの方に人気のあるバイト先の企業から仕事を探すことも可能です。

楽しいコンテンツが充実
タウンワークマガジンでは、バイトに関する楽しい四コマ漫画や、仕事の探し方・履歴書の書き方などの為になる情報が掲載されています。インタビュー記事では、プロとして活躍する声優さんや俳優さんがその道を目指すきっかけや、アルバイトの体験談などを語っていて、観てるだけでも結構面白いですね。

スキル・マナーの項目の中で、天才落語家・立川談志の下で9年半修行した立川談慶の「面倒くさい人の対処法」を解説していますが、バイト先で口うるさい店長や、嫌味っぽい先輩などで困ってる方は読んでる見ると参考になるかもしれませんよ。

バイトル

150万件近くの求人を掲載している、業界トップクラスの求人サイト「バイトル」。

ユーザーからの評判は良く、バイトルにしかないレアバイトも多数あることが特徴です。

しかし、もしあなたが全国展開しているチェーン店のようなお店のバイトを考えている場合、バイトルから応募すると逆に損する可能性もあります。

この記事では、バイトルを利用すべき人、そうでない人を理由付きで解説します。

バイトルは他のサイトと比べて求人数が豊富ですし、見やすく使いやすいと評判です。

そのため、利用者数も実際多いのですが…

最初にお伝えしたとおり、チェーン店のような規模が比較的大きいお店にバイトル経由で応募すると損をする可能性があります。

その理由は求人サイトが進呈する「お祝い金」にあります。

お祝い金制度とは?

求人サイトの「お祝い金制度」をご存知でしょうか?

お祝い金制度とは、求人サイトを利用してバイトが決まり、その後いくつかの条件を満たすことで求人サイトの運営企業から「採用祝い金」をもらえる制度です。

「採用されるだけでお金がもらえるなんて怪しい・・・」と思えるかもしれませんが、最近は大手企業の求人サイトは皆この制度を取り入れており、全く怪しいものではありません。お祝い金制度の仕組みは以下のような感じです。

お祝い金の仕組み

企業は求人サイトにお仕事情報を掲載し採用が決まると、求人サイトの運営会社に広告費を支払います。

今までは、この広告費がまるまる求人サイト運営会社の利益になっていたのですが、最近では他求人サイトが増えたことで応募者の取り合いになっています。

広告費がもらえるからユーザーにはできるだけ自分のサイトを利用してほしいわけです。

そこで考え出されたのが「お祝い金制度」。

求人サイトの運営会社は広告費の一部を応募者に「お祝い金」として進呈することで、ウチのサイトを使ってくれ〜!とアピールしているわけです。

要するに「お祝い金は全く怪しいものではなく、応募者を増やすために利益の一部を削って支払われるもの」というわけですね。よくある「○○円キャッシュバック〜!」などと同じ感じです。

バイトルではお祝い金付きの求人がほとんどない

バイトルにも一応「Happy ボーナス」と呼ばれるお祝い金制度があります。

しかし、「Happy ボーナス」を設定している求人はほとんどありません。

「Happy ボーナス」を設定しているのはクラブスタッフなどのお水系、専門性の高いセラピストや理容店、1日8時間×週5日フルタイム勤務の工場など、ほんの一部の求人のみです。一般的な全国展開している飲食店などはほぼ対象外となっています。

Happyボーナス

希望の求人がお祝い金制度付きか、一度チェックしてみてください。求人欄に「Happy ボーナス○○円」と記載されていれば対象です。

シフトワークス

シフトワークスでは他のアルバイト求人サイトにはない、働きたい曜日と時間で探せる検索機能が好評です。
学生さんや主婦の方は、家事や学業でどうしても働ける時間が限られてしまうので、自分の都合の良い時間帯からシフトなどの条件を絞って仕事を探せるのは、とても便利ですよね。

また、中高年向けの求人も豊富なことから、40代や50代の利用者も多い求人サイトと言われています。サイトの作りもシンプルなので、パソコンやスマートフォンが苦手な方でも簡単に仕事が見つけられます。

今回はシフトワークスの特徴や、評判・口コミのまとめです。

シフトから仕事を探せる

求人サイトでアルバイトを探す場合、週3からOKなどと書かれていても曜日までは記載されている事がありませんでした。

しかし、シフトワークスでは、「シフトで探す」という検索機のがあり、「勤務曜日」「勤務時間」「勤務時間帯」「勤務日数」などから仕事を探すことができます。

例えば、火曜日の夕方16時から4時間以下の勤務で週3日働きたいというピンポイントな探し方もできます。本業とは別に副業を考えている方や、授業やプライベートの用事以外で空いた時間を有効活用して働きたい学生さんなど、「細かい条件で検索できて便利」と評判の高い機能のようです。

職場環境が分かる

アルバイトを始める前に気になるのは職場の環境ですよね。

例えば、女性の方がバイトを探す場合に「男性が多かったら嫌だな〜」と思うのであれば、男女比から女性が多いかどうかの判断が出来ますし、1人で黙々と働きたいと思うのであれば、仕事内容や職場の雰囲気からスタッフの人数や静かに働けるのか、などの判断ができます。

このように、「働く職場環境の特徴」という項目で「男女比」「年齢層」「職場の雰囲気」「仕事内容」の4つから、働く職場の環境が判断できます。

シフトワークスのお祝い金について

最近ではお祝い金付き求人サイトも認知されるようになってきましたが、実はシフトワークスでもアルバイトの採用が決まるとお祝い金がもらえます。しかし、シフトワークスでお祝い金が貰えるという事を知ってる人は意外と少ないようです。

実際にシフトワークスでお仕事を探してみると、お祝い金付きの求人はこのような形で表示されています。

注意点としては、シフトワークスに掲載されている全ての求人に祝い金が付いている訳ではないということ。

上の画像のように、お祝い金を受け取る際には「採用お祝い金付きの求人」でなくてはいけません。

求人の詳細ページに詳細が載っているので見落とさないようにしましょう。

フロムエー

フロムエーはリクルート社が運営する求人サイトです。
ここではフロムエーの特徴を見ていきたいと思います。

短期・単発バイトに強い

フロムエーの求人サイトは勤務地や駅名での検索はもちろん、短期単発バイトも探しやすく設計されています。
半日から三ヶ月以内と幅広い期間から絞りこめるため、新しいバイトが見つかるまでのつなぎとしても使う方が多いようです。

短期バイトと言うと軽作業などの「ガテン系」ばかりと思われがちですが、カフェのオープニングスタッフやイベント時の接客などといったお仕事も沢山あります。
特にクリスマス、バレンタイン、夏休みなどの時期は短期バイトが豊富になりますので、学生さんには稼ぎ時とも言えそうです。

長期バイトを探しつつサクッと稼げる仕事も見つけたい時に、フロムエーは使い勝手のよい求人サイトではないでしょうか。

リクルート社だから安心!

フロムエーは1982年にアルバイトの求人情報誌として刊行されました。
紙面での情報提供は2009年の休刊をもって終了し、現在は求人サイトとして存続しています。

バブル以前からという歴史がある上様々な求人に強いリクルート社の運営ですから、個人情報の登録も安心です。
また後ほどご説明しますが、リクルート社のアカウントを持っている方はそのIDでフロムエーも利用できます。

これが出来るのは大手だからこそ!
登録に時間をかけずすぐ応募できるのは、フロムエーの大きな特徴と言えそうです。

フロムエーのメリット

リクルート社運営で安心して使える求人サイトと言うことがわかりました。
では一体フロムエーを使うメリットとは何なのか、チェックしていきましょう!

リクルートのIDが使える

先程ご紹介した通り、フロムエーではリクルート社共通のIDを使うことが出来ます。
リクルートIDとフロムエーで情報が共有されるのは、メールアドレス、氏名、生年月日、性別です。

この情報がそのまま使われますので、ボタン一つで応募が完了してしまうのもものすごく便利!
もちろんフロムエー用に改めて登録することもできます。

名前は本名以外は反映されませんので、「応募先にニックネームを知られたくない…」という方も安心です。
求人によっては学歴等を入れる場合がありますので、抜け漏れがないかきちんと確認するようにしましょう。

情報が常に新しい

フロムエーは情報が毎日更新されているので、常に新しい求人をみることができます。
希望通りのバイトがなかった…という場合でも、次の日調べたら見つかった!ということもあるそうです。
また常時二万件近くのお仕事が掲載されており、非常に多い求人情報からバイトを見つけることができます。

現在フロムエーで取り扱っている職種では、販売や飲食が最も多いようですね。
人気の職種はカテゴライズされており、気になる仕事が探しやすくなっています。

フロムエーのデメリット

実際にフロムエーを使ってみて感じたのは、メリットだけではありません。
使いづらかった部分などデメリットも挙げていきたいと思います。

他のサイトに飛ぶことが多い

トップページをみるとわかりますが、「育児しながらでも働きやすい仕事」などの特集が組まれていることがあります。
これが結構魅力的でつい押したくなるのですが…。

フロムエー内の求人で構成されていると思いきや、他のサイトに飛んでしまいました。
リンク先はすべてリクルートグループとは言え、フロムエー内で探そうとしている方には不便と感じることもありそうです。

逆に働き方にとらわれず幅広く探したい、という場合には心強い特集になるかもしれません。
メリットとデメリットは表裏一体というところでしょうか。

店舗名での求人を探しにくい

フロムエーは短期バイトの期間だったり、職種で探すのに強いようです。
ものによって異なりますが、店舗名で検索をすると全く関係のないお仕事まで出てきてしまいます。

また口コミでも述べている方がいましたが、何故かナイトワークばかりが検索結果に表示されてしまうキーワードもありました。
店舗名での求人検索は、精度ややが低いようです。

まずは職種や地域を選んでから、フリーワードを使うのが良いかもしれません。

アルバイトEX

アルバイトEXって本当に使っても大丈夫?

お祝い金がお得なアルバイトEX(読み方:あるばいといーえっくす)に興味があるけど、バイトルやLineバイトと比べるとマイナーな求人サイト。

周りに使ってる人もいないし、会員登録してアルバイトEXを使うのって勇気がいりませんか?

アルバイトEXの評判!良い口コミから見える特徴

アルバイトEXは求人数の多さとお祝い金が特徴の求人サイトです。

なので良い評判も、その特徴と関連したものがほとんどでした。

以下の口コミに魅力を感じないなら、アルバイトEXは使わない方が良いですね。

① アルバイトEXは祝い金の額がヤバイとの口コミが圧倒的

アルバイトEXの一番のメリットがお祝い金。

しかも他のお祝い金を扱う求人サイトと比べて金額が大きいんです。

例えばマッハバイトだと通常5000円でキャンペーンがあるときに1万円のお祝い金。

ただアルバイトEXは通常が3万円で、キャンペーンがある時に5万円をもらえます。

しかも毎月1人に抽選で9万円が当たるという大判振る舞い。

 

『別にお祝い金なんていらない』という場合は他の求人サイトから応募してもOK。

ただ全く同じ求人があれば、他の求人サイトから応募したら0円。

一方でアルバイトEXから応募したら3万円もらえるので損にはなります。

参考⇒アルバイトEXの祝い金のもらい方を画像で解説してみた

 

② アルバイトEXの求人数が多いという口コミも目立つ

アルバイトEXの口コミで2番目に多かったのが求人数の多さ。

アルバイトEXでは現在約90万件の求人を扱っています。

 

なぜこんなに求人数が多いかというと、アルバイトEXは単純な求人サイトではないから。

…というのもアルバイトEXは『他の求人サイトの情報を複数載せているサイト』なんですね。

求人サイトと提携して、一括でバイトの求人情報を検索できるようにしているんです。

提携しているサイト一覧
マイナビバイト
ワークゲート
マッハバイト
ガールズウーマン
介護求人ナビ
@ばる
an(アン)
学バイト
塾講師ナビ
イーアイデム
シフトワークス
フーズフー
バイトーク
工場ワークス
バイトラビット
リジョブ
モッピーバイト
求人情報ビズ
求人アルゾWEB
アルバイト・バイト情報DOMO NET
LINEバイト
ジョブハウス工場
塾講師JAPAN
これらの求人サイトの情報を集めて、一括で検索できるのがアルバイトEX。

なので1つずつ求人サイトを使って検索する手間もないし、たくさんの求人情報から自分に合ったバイト先を見つけることができるんです。

③ アルバイトEXには単発バイトが多いとの声も?

求人数が多いことと関係していますが、アルバイトEXには単発バイトも多く掲載されています。

エンバイト

大学生にとって重要なアルバイト選び。学費や毎月のスマホ代、洋服や靴、化粧品やアクセサリー、友だちと遊ぶお金などの出費がかさむと、親からの仕送りだけではやっていけませんよね。

学業と両立でき、自宅から遠くなく、人間関係もストレスを感じず、何より時給が高いアルバイト先を見つけることができれば最高です。そんな大学生にぴったりのアルバイト情報を提供するアプリ「エンバイト」が人気を集めています。

エンバイトとは?
大学生のアルバイト選びの基準は「時間帯」「給料の良さ」「職場の雰囲気」「仕事内容」といった点になると思います。

これらの条件を満たしたアルバイト先を検索するために、「マイナビ」「フロムエー」「とらばーゆ」といった大手のアルバイト情報サイトやアプリがよく利用されています。そんなアルバイト情報サイトの中で、最近話題になっているのが「エンバイト」です。

アルバイト情報を検索できる大手求人サイト
「エンバイト」は、アルバイト情報を検索できる大手求人サイトです。

「エンバイト」の特徴は求人情報がとても多いことです。仕事のジャンルも多岐に渡り、事務・オフィスワーク、販売・サービス・営業、IT・クリエイティブ・技術系、医療系、軽作業・警備・イベント関係などがあり、毎日たくさんの情報が更新されています。

エン派遣を展開する「エン・ジャパン」が運営
「エンバイト」を運営するのは東京新宿区に本社を構え、人情報メディアや人材紹介サービスなどを手がけているエン・ジャパン株式会社です。

ナスダック・ジャパン市場に上場し、東京証券取引所では時価総額、純資産、利益、設立年数など厳しい審査基準を満たした大企業や中堅企業だけが変更できる第一部市場に指定されている優良企業です。

「エンバイト」以外にも「エン転職」「エン派遣」「AMBI」などの個人向けサービスに加えて「人事のミカタ」「エンカレッジ」といった法人向けサービスも行っています。このことからも「エンバイト」が信頼できるサイトであることがわかります。

エンバイトの評判は?良い口コミ
「エンバイト」がまっとうなアルバイト情報サイトであることはこれで分かりましたが、「エンバイト」の利用者はどのように感じているのでしょうか。これから「エンバイト」利用者の生の声を聞いてみたいと思います。

公平を期すために良い口コミと悪い口コミの両方を紹介します。最初に紹介するのは良い口コミです。

希望する条件を細かく設定できる
「エンバイト」のメリットとして多くの利用者が述べているのは、お目当てのアルバイト先を見つけられるように条件を細かく設定できることです。

職種に関して言えば細かく分類分けがなされ、「事務オフィスワーク系」「販売・サービス・営業系」「クリエイティブ系」「IT系」「技術系」「医療・介護・福祉系」「軽作業・警備・イベント系」「調査・教育・その他」という8つのジャンルの中にさらなる区分分けがされていいます。

絞り込めるのは職種だけではありません。給与、期間なども細かく絞り込めます。さらに6つのこだわりの条件も用意されているので、確実にお目当てのアルバイト先を見つけられます。

運が良ければライブスタッフの求人に出会える
「エンバイト」の魅力の1つとして利用者の間で聞かれる口コミの中には、ライブスタッフの1人として働くチャンスがあるというものがあります。

ライブ会場が立地している地域では、人気バンドなどのライブの際に裏方として働ける求人を募集することがあります。「軽作業・警備・イベント系」→「イベントスタッフ・会場設営」と進めば検索できます。

短期・単発の求人が探しやすい
アルバイトを探している大学生の多くは1ヶ月以上の長期ではなく、その日に必要な支払いをするためのバイト先を探している人もたくさんいます。

「エンバイト」はそんな大学生の希望通りに、短期、単発のアルバイト先の求人をたくさん掲載しています。「エンバイト」の好意的な口コミでよく耳にする意見でもあります。

すべてがウェブ上でできるのが良い
好意的な口コミの中には、求人の応募から採用まですべてをWeb上で行える便利さを挙げているものもあります。すべてをWeb上で行えれば確かに便利です。この点に関して目を引くのはWeb履歴書を利用できることに関する口コミです。

応募企業によって志望動機を聞かれたりする場合があるようですが、Web履歴書であれば修正や編集が簡単に行えます。さらにプリントアウトする必要がないので便利だという口コミがありました。

エンバイトの評判は?悪い口コミ
「エンバイト」に関してたくさんの好意的な口コミが聞かれる一方、悪い口コミもたくさん聞かれます。利用者は「エンバイト」が提供するサービスのどんな点に不満を持っているのか、これから4つの例を紹介します。

応募したら派遣会社への登録を勧められた
「エンバイト」に関して聞かれる好意的ではない口コミの中には、「エンバイト」でアルバイトを探しているのに応募したらアウトソーシング、つまり派遣会社の登録をするように誘導されたというというものがありました。

「エンバイト」の特徴の1つは、多くのアウトソーシングの会社が求人を出しているということです。そのため「エンバイト」の会員登録をし、「エンバイト」に掲載されている求人に応募すると求人を出しているアウトソーシングの会社への登録手続きをしなければなりません。

求人の中には派遣会社に登録後、派遣会社側で求人を探さなければならない場合もあり二度手間だという口コミもありました。

お仕事紹介メールがひっきりなしにくる
利用者の間で聞かれるあまり好意的ではない口コミで目立つのは、「エンバイト」から仕事紹介のメールがたくさん送信されるというものです。中には1時間に1度は必ず送られてくるのでウンザリするという口コミもありました。

仕事がないために生活がひっ迫している人なら、頻繁に仕事の紹介メールが送られてくるのはありがたいことです。でもピンポイントで仕事を探している人に、探している職種や条件と全く違う仕事を紹介するメールがひっきりなしに送信されると、ちょっと迷惑に感じるかもしれません。

お祝い金制度が無いのが寂しい
「エンバイト」のライバルともいえる「マッハバイト」という成功報酬型アルバイト求人サイトの場合、アルバイト先によっては採用されると「マッハボーナス」というお祝い金が贈呈されます。「ボーナスタイム」と重なればお祝い金は増額され最大1万円もらえることもあります。

しかし「エンバイト」には利用者に還元されるお祝い金の制度はありません。純粋に求人広告を出している企業や派遣会社と利用者の仲介をするだけです。口コミの中には利用者へのキックバックがないことを残念に感じるというものがありました。

登録会が面倒
「エンバイト」に掲載されている仕事に応募すると、求人広告を出している企業や派遣会社が履歴書だけをみて即採用するわけではありません。登録会に参加する必要があります。登録会とは面接のことです。

登録情報の記入、派遣の仕組みについての説明、派遣会社の担当者との面談、スキルチェックなど応募者の面接をまず行い、その後採用するかどうかを決定します。

申し込んだ仕事が複数あり、求人広告を別々の派遣会社が出している場合はすべての登録会に出席しなければならないため、とても面倒だという口コミがありました。

エンバイトの攻略法!口コミを参考に
ここまで紹介したように、「エンバイト」にはメリットもあればデメリットもあります。デメリットを相殺しながらメリットだけを吸い上げることができれば最高です。これから「エンバイト」を最大限に活用するためにどのようにデメリットを相殺できるかを紹介します。

うざいメールは設定変更しよう!
デメリットの1つはメールがたくさん送信されるとことですが、この問題は設定を変えれば解決できます。

「エンバイト」アプリで設定方法を説明します。まずはアプリをインストールしておきましょう。

エンバイト - バイト・アルバイト・パートの仕事探し(App Store
アプリを起動したら、トップ画面の左上にある「≡」をクリックしましょう。

メニューが表示されるので「メール設定」を選びクリックします。

「耳より情報満載」と「近くの人気求人メール」にある「変更する」をクリックしましょう。

「配信しない」にチェックを入れ「決定」をクリックしましょう。これで完了です。

応募内容はしっかり確認しよう!
各求人広告には応募内容が記載されています。その中に派遣会社の情報も載せられているので、派遣会社の仕事を避けたい場合は別の求人を探せます。

バイトが決まったら退会するのもアリ!
「エンバイト」から仕事情報に関するメールが送られてくることが迷惑に感じるようなら、お目当ての仕事が見つかったら会員登録を解除し、退会することができます。退会方法を説明します。

先ほどのメニュー画面の中に「各種設定」があるのでクリックしましょう。

各種設定が行える画面が立ち上がります。画面の下に「退会手続きへ」があるのでクリックします。

退会理由を説明する画面になるので、表示されている4つの中から1つを選んでクリックしましょう。

さらに退会理由を説明する画面になるので、表示されている理由の中から1つを選び「退会する」をクリックしましょう。これで退会できます。

メリットを最大限に活用してエンバイトでいい仕事を見つけよう!
この記事で紹介したように「エンバイト」は信頼できるアルバイト情報サイトです。希望する仕事をピンポイントで探せる検索機能や豊富な求人広告などたくさんメリットがあります。デメリットも確かにありますが、アプリの設定など上手に対処すれば改善できます。自分のニーズに合った仕事をぜひ探してみましょう。

イーアイデム

イーアイデムを利用して感じたメリット・デメリット

転職サイトコンシェルジュ転職サイトコンシェルジュ
イーアイデムの特徴について見てきましたが、ここからは数字の上だけでなく、私が実際にイーアイデムを利用して感じたメリットとデメリットを紹介します。
求人内容が細かく分かりやすい
年齢やアルバイト経験に関係なく利用できる
求人数が大手求人サイトに比べて少ない
祝い金がない
イーアイデムのメリット

求人内容が細かく分かりやすい

求人サイトの中には求人内容が分かりづらく、職場の雰囲気といった本当に知りたい情報が書かれていないものも少なくありません。
イーアイデムの求人内容は写真付きでとても見やすく、仕事内容なども細かく紹介されています。

また、仕事内容や給与といった基本情報だけでなく、アピールポイントという項目では職場で実際に働いている人の様子を写真付きで知ることができるため、自分がその職場で働く姿をリアルに想像することができます。

最終的には実際に働いてみるまで分からない部分もありますが、イーアイデムを利用することで、働き始める前に職場の雰囲気を知ることができるため、求人選びの失敗を防ぐことができます。
年齢やアルバイト経験に関係なく利用できる

初めてアルバイトをする人はもちろん、自分の年齢から仕事を始めることに躊躇する人もいますが、冒頭でも紹介したように、イーアイデムは月間400万人が利用する求人サイトになります。
多くの求人サイトは利用者の中心が10代や20代の若者となっており、大手求人サイトのフロム・エーナビでは利用者の約6割が10代・20代の学生となっています。

一方、イーアイデムの利用者は35歳〜49歳の女性を中心に、10代から50歳以上の人まで、様々な年代や職業の人が利用している求人サイトになります。

イーアイデムは今までの経歴や自分の年齢を気にすることなく、誰もが利用しやすい求人サイトになっています。
イーアイデムのデメリット

求人数が大手求人サイトに比べて少ない

求人の特徴で紹介したように、大手求人サイトに比べると、どうしても求人数の少なさが気になりました。
例えば、イーアイデムが強みを持つ販売・接客求人の中にある「飲食・フード系の求人」を東京で検索すると1,700件ほどでしたが、タウンワークでは35,000件以上の求人がありました。

20倍以上の求人差はやはり大きく、タウンワークにはイーアイデムに掲載されていないカフェや居酒屋の求人が数多く掲載されていました。
イーアイデムでアルバイト求人を探すことも無理ではありませんが、先ほども紹介した他の大手求人サイトも併せて利用することで、希望の求人に出会える可能性は間違いなく高まります。

祝い金がもらえない

アルバイト先が決まることで祝い金がもらえる求人サイトもありますが、イーアイデムはアルバイト先が決まっても祝い金をもらうことができません。
同じようにアルバイトを探して同じ求人に申し込むなら、祝い金をもらえた方がお得です。
多くのアルバイトでは給料が末締め翌月払いとなるので、働いてからすぐにアルバイト代をもらうことはできません。
現在の懐事情がさみしい人や少しでもお得にアルバイト先を決めたい人は、祝い金をもらえる求人サイトも併せて利用してみて下さい。